頭の中

「生きづらさ」というクソッタレ

難しい表現はいらない 簡単な言葉で伝えてくれ 物言わぬ羊の飼育法 それが道徳の正体か? 出来る限りはやってきた 疑問を持たずにやってきた モラルが楽園を作るんだろ? じゃあ 何でこんなに生きづらいんだ いじめに対して声を上げ 標的にされたら世話がな…

友への伝言

思えば不思議な関係だった 普段は口もきかなかった チャイムの合図で狩られる時間 終わりは意味を成さなかった 暗い階段の途中に射す光 窓から覗く中庭に射す光 同じ校内で息をしても そこに楽園はなかった お前はいつも下を向いて 指のささくれを取ってた …

ちょっと待ってくれないか (『私が私をやめたなら』収録作品)

自分はAmazonのKindleストアで「私が私をやめたなら」という電子書籍を販売しております。 私が私をやめたなら 作者: 高岡ヨシ 出版社/メーカー: YOMA CREATIONS 発売日: 2017/04/26 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 頭の中にある想いを書き…

橋の上の神様

僕は「場所」を探していた。 昼が昼でなくなり、夜が夜でなくなった日を随分長く過ごしたせいで、右も左も分からなくなっていた。 締め切った窓。 肌に纏わり付くTシャツ。 通販番組の司会者が大きな声を上げた時、「もう終わりにしよう」と心が言った。 ビ…

心の歌

目隠しされても笑って歩く 俺の視界を奪っても 本質だけは奪えない 触れられない いや 触れさせない いくらでも笑え いくらでも指をさせ 頭の数だけ増やしても お前の戯言は響かない 上だろうが下だろうが構わない 俺はとにかく進んでいく 昼が嫌なら夜を待…

アーティフィシャル・フラワーズ 《後編》

「だからよ、何でセリフを言うときに眉毛が上がるんだよ。それじゃあ演技が嘘くさくなっちまうじゃねぇか」 口に含んだ煙を上へ吐き出したチャーさんは、タバコの先をワタル君へと向けた。 「え? 上げてないですって! チャーさんの見間違えですよ。ていう…

アーティフィシャル・フラワーズ 《前編》

8時は越えたか? いや、まだ壁に光があるから、7時半過ぎか? だとしたら、2時半前に寝たとして、約5時間。 枕の横で背中を見せている電話をひっくり返し、手探りでホームボタンを押す。 ( 7:04) 7時4分。 勘弁してほしい。 最後の1杯。 あの冷…

深海にあるもの

上へ登った 違う景色が見たかったから いつもとは違う選択をした 服が変わり 立場が変わり 呼び名が変わった 笑顔の挨拶 穏やかな声 湯気が出ているコーヒー 窓から差し込む光は眩しい でも この部屋は息をしていない 能力と肩書きは比例しない ここに来てそ…

ノスタルジア

引っ越す背中を強く押す 透き通った緋色の夕焼け 僕が歩いていたその道は 二度と戻らない道となる 借り物の街で見上げた星は 電車の窓に映った花火 めいっぱい腕を伸ばしても 決してこの手に掴めない 大洋ホエールズの帽子を被った 緑のクリームソーダのあの…

答えてよ

僕はあなたを笑わない ずっと笑われてきたから 決してあなたを笑わない ねぇ もっと自由に踊ってよ 心置きなく 好きな円を描いて たとえ姿が見えなくても 背中に手を当てるから やりたいように息をして 僕はあなたをバカにしない ずっとバカにされてきたから…

西口ターミナルと後ろ姿

緑奥駅の西口改札を出て左に進み、エスカレーターを避けて長いスロープを歩いておりる。 地面から天井まで伸びる透明な窓が続く、緩やかな斜面。 日が完全に沈みきった後、このスロープから大きなバスターミナルを眺めるのが好きだった。 程よい暗さが溢れた…

いじめサバイバー

僕はサバイバー 生きるために背中を見せた いじめサバイバー 僕はサバイバー 立ち向かう勇気を持てなかった いじめサバイバー 僕は逃げた 生きていたいから 逃げ続けた 後ろを振り返らず 目を瞑りただ走った 出来るだけ遠くへ 手が届かないほど深くへ 追いつ…

衝動は、ここにいる

クリップで留めた感情は 夜を越えない 湧き上がる衝動と会話がしたいから 柔らかいクッションは取っ払った 遠慮なく飛び込む刺激は たまに痛いほどだけど とにかく朝を迎えたかった 喜怒哀楽に 邪と欲 そのままの形で出てきた思いに 自分の全てをぶつけたい …

空ではなかった

「あれは空だ」 ずっと長い間 その言葉を信じてきた 当たり前のように植え付けられた常識を 疑った事なんてなかった 2017年 6月15日 遠く見上げた先にあるものは とてつもなく大きな手のひら 青く着飾っているけれど あれは空ではない 頭のおかしな人…

届いて欲しいお知らせ(追記しました)

本日から来週の月曜日までの間、Amazon Kindle ストアで販売している自分の電子書籍「五厘クラブ」の無料ダウンロードキャンペーンを行います。 この作品は、自分にとって特別なもので、強い思い入れがあります。 幾つかアイデアはあったのですが、一番初め…

こんな場所が欲しかった

ずっと前から こんな場所が欲しかった ただ顔を合わせるだけでは 目にする事が出来ない世界 挨拶を交わすだけでは 晒してはくれない世界 何を思い 何を考え 何を表現するのか 頭と心にある世界を 電波に乗せて表に出し合い 生まれた感覚を交差させる ずっと…

取っ払う

枠には入れなかった 入らなかったのではない 入れなかったのだ はじき出されて 何を想う 普通を横目に 何を想う 付いたレッテルはどうでもいい それが意味をなさない事は ここまで生きて身に染みた 付けられたレッテルも気にしない そんなものは 他人にひと…

茜橋で待ってます《後編》

「大学おめでとう。おばさんから聞いたよ。何で直接教えてくれなかったの?」 久しぶりに顔を合わせたエミちゃんは、いつもそうしているように小声で俺に話しかけた。 「ごめん。なかなか言うチャンスがなくて。最近バイトも被らなかったし」 2月半ばの登校…

茜橋で待ってます《前編》

茜橋で待ってます 今夜、7と共にいた数字の時に 茜橋で待ってます 白いコピー用紙にプリントされた文字。 週に1回、決まって水曜日に投函されるこの紙を見るのは、これで3度目だ。 何が目的かは分からないが、入れたヤツの目処はだいたい立っている。 ど…

白いアルバム

「明日、仕事がないやつは朝までな」 テーブルの上にビールを置いたコースケは、母屋に向けて手を合わせ、いつものように白い歯を見せた。 亡くなったツヨシの爺さんの意向により、親族席に座ったコースケは、式の間中ずっと泣いていた。 小学校から付き合い…

6172本の物語

その子の放った3ポイントシュートは、リングをかすることなく、ストンとネットに吸い込まれた。 2本立て続け、しかも左右、両サイドからだ。 「あのね、ああいう奴はね、見えている世界が違うんだよ」 体育館すみっこ部の御意見番が腕を組み、相棒の角刈り…

赤が青に変わる瞬間

おぃ、そーた。 そーたっ! おぃっ! こっち来てみろ。 いいからっ! とにかくこっち来いって。 また母ちゃんの事でからかわれたんか? そんじゃあ、麦茶、飲むか? キンキンに冷えたのがあるからよ。 おぃ、そーた。 分かってると思うが、おめぇは何にも悪…

電子書籍を出しました

AmazonのKindleストアで電子書籍を出しました。 タイトルは「私が私をやめたなら」です。 このブログで発表した作品に加筆をして、内容をまとめ直したものが中心になっております。 生まれただけでは息を吸えない。 読んでもらえて初めて呼吸が出来る。 どん…

今川焼きとナポレオン

「商店街の誓い」という件名の付いたメールをツヨシから受け取って、今日でちょうど一週間。長らく時間は掛かってしまったが、ようやく全て読み終えることができた。 メールの本文ではなく添付ドキュメントとして送られてきた内容は、物心がついた時から遊ん…

黒いネクタイを締めた日

夜明け前に布団を上げて 窓に近づき目を細める 仄暗さに負けない薄紅の桜 五年振りに見るその姿は 冗談みたいに美しかった 今日は黒いネクタイを締める日 はっきりしない空を覆うネズミ雲 絶え間なく土を濡らす雨雫のように 私は涙を流せない ドライアイスに…

彼が頭を下げた日

同じ団地の2号棟に住む4人、通称「オリジナルフォー」から始まった集まりのメンバーも7人に増え、せっかくなので小学校最後の夏休みに何処かへ行こうと計画したのが、後に恒例行事として続いていく「五厘サマーキャンプ」の始まりだ。 高校1年の夏にキャ…

私は知っている

私は知っている いつも近くで見てたから あなたや君を知っている 私は知っている 五時の鐘が鳴るまで校庭で時間をつぶしていた君を お楽しみ会に参加しなかった君を 給食費のことで先生と話していた君を 「楽しみだ」と言ったのに転校前日に「行きたくない」…

高橋名人チルドレンよ、永遠に

高橋名人チルドレンよ、なぜ呼び出してくれなかったのだ? 私のツーコンのマイクは、常にオンにしておくと言ったのに まぁ、いい こうしてまた顔を見せてくれたんだ 細かい事は言いっこなしだ さぁ、早いとこファミコンのコントローラーを握ってくれ 高橋名…

空の色をした作業着

「俺の背中を見ておけ」って大声を出すけど その背中は一体どこにあるの? 7時過ぎには家を出て 帰ってくるのは夜中過ぎ 週に1度の休日に 足を向けるのは競輪場だ ほら あなたの背中はどこにもない すすけた青い作業着 黒いオイルにまみれたその服は もう…

行き場のない感情は、どこへ流せばいいのだろう

皆さんには学校や職場、もしくは住んでいる街などに自分1人になれる場所がありますか? 自分は、あります。 というか、新しい所へ行くと、まずその候補地を探します。 小さな神社の拝殿裏 人気のないデパートの屋上 決まった駅の階段下ベンチ 誰も使ってい…

© Copyright 2016 - 2017 想像は終わらない : 高岡ヨシ All Rights Reserved.