満天の星をみたか

f:id:yoshitakaoka:20171205145152j:plain

 

満天の星をみたか

 

寒さの産声が響く中

黒を濃くした夜空に浮かぶ

満天の星をみたか

 

工場から漏れる煙も

街を埋める電波でも覆えない

内なる想いを照らす

満天の星をみたか

 

俺は見た

真夜中の真ん中に開けた窓から

溢れる星を確かに見た

 

四方に散らばり輝く星群

そのうちの一つ

東の果てに佇む光が

あんたなんだと思った

 

理由は分からない

ただ直感でそう思えた

 

会えなくなって随分経つけど

忘れたことは一度もない

 

赤いカバンをかけた背中

当時の景色はかすれていない

 

そっちの空気はどうなんだ?

あんたはあんたでいれているか?

 

こっちのことは心配ない

色々もがいて回っているけど

今でも好きで書けているよ

 

ため息を深呼吸に

憂鬱を動機に変えて生きてきた

 

でも

俺は弱いから

いつもあんたを探してた

 

一人じゃ何にもできないから

あんたの姿を探してた

 

何もかもが変わっていくけれど

ずっと変わらないものもある

 

社交性がなくても

孤立していても構わない

 

俺はあんたの友達で

あんたは俺の友達だから

 

過去を誇れなくても

今につまずいていても構わない

 

俺はあんたの友達で

あんたは俺の友達だから

 

普通の世界をもがいて進む

過敏であるほど生きにくい

 

突然すべてが嫌になっても

おかしくなったとは思わない

 

まともを演じて壊れるのなら

全部まとめて投げ出していい

 

それでも

一つだけ覚えていて欲しい

 

病んでいても

鬱であっても構わない

 

俺はあんたの友達で

あんたは俺の友達だから

 

ずっと空の上

雲の先はいつも晴れてるんだろ?

 

だったら夜には星が出る

 

だったら俺は一人じゃない

 

俺は怖くはない

あんたがそばにいてくれるなら

俺は怖くなんかない

 

だからそばにいて欲しい

 

姿が見えても

見えなくても構わない

 

あんたがそばにいるのなら

これから先も歩いていける

 

***

 

Stand By Me

 

f:id:yoshitakaoka:20180520051025j:plain

 

***

 

Sending my deepest gratitude to Michiko Ono.

 

© Copyright 2016 - 2019 想像は終わらない : 高岡ヨシ All Rights Reserved.