ご報告

自身の作品である「歩けばいい」が Amazon × よしもとクリエイティブ・エージェンシーが主催する「原作開発プロジェクト」において優秀賞を受賞しました。

 

ドアが開き、橋がかかった事がとても嬉しいです。

 

作品を読んでくださった方々、選んでくださった方々、サポートしてくださった方々、そして表紙を描いてくださったミチコオノ氏、その全ての人たちに感謝します。

本当に、ありがとうございました。

 

受賞の報告を受けた日、結果をまだ知らない自分は仕事帰りに嫁と合流し、テイクアウト専門のチャイニーズレストランへと向かっていました。

その日、普段よりも多くの料理を注文をした理由は、夕食時に残念会をするためでした。

Amazonから結果報告がくるのならばこの日だろう、と自分の中で勝手に決めていた日が報告を受けた前日だったので、受賞の可能性はなくなったのだろうと悟り、大好きな海老ビーフンを食べて気持ちをさっぱりと切り替える予定だったのです。

 

「テンミニッツ!」

 

電話口で告げられたテイクアウトの待ち時間。どれほど多くの注文をしても決して超える事はない10分のライン。

今日のオーダーの量はさすがに無理ではなかろうか、という気持ちを抱えたまま店に入ると、驚くことにレジの横にはすでに大きな紙袋が2つ用意されていました。

 

「キャッシュ オア デビット?」

 

テンミニッツマジックの奇跡を目の当たりにし、ズシリと重い袋を両手に持って車に戻ると、曇っていた気分は徐々に晴れていきました。

 

 

書くことが楽しい。

頭の中にあるものを表に出したい。

今まで受けてきたもの、目にしてきたもの、それらを言葉にして過去を報いたい。

 

受賞しようがしまいが書き続けていくという思いに変わりはありませんでしたが、ここしばらく、特に、溜め込んできたのと同じ時間をかけて解放したのでは夜がいくつあっても足りないのだと気付いてからは、心がきっかけを求めるようになりました。

夜と昼を逆転させるきっかけを、もっと先へ行くためのきっかけを。

 

 

外出ついでにと、自分がペットショップで猫の餌を買っている間に、嫁は隣の酒屋でこの辺りだと珍しいアサヒスーパードライ(サッポロの缶はどこにでもあるのですが、アサヒとキリンはレアアイテムなのです)を購入してくれていました。

テンミニッツチャイニーズマジックに、普段は飲まないビール。

宴の準備が揃い、残念乾杯をして食べ始めると、スマホに仕事関連のテキストが入りました。

内容はビールの味をとんでもなく苦くするトラブルマター。それは、チャーハン&ビーフンという炭水化物コンビを吹き飛ばすほどの威力がありました。

白い麺の森を前に、進まぬ箸。

正直、「なんてこった」でした。

急いで各所に連絡し、ドスコイドスコイしている内に冷める料理。何とも言えない空気がその場を満たし、残念会どころの話ではなくなってしまいました。

シャープな筈のアサヒが、喉に絡まる絡まる。

 

そんな訳で、どうにか問題をうっちゃりした後は精魂尽き果て、ソファーに寝転がる牛と成り果てました。

そんな状態で開いたホットメール。

 

結果を知った血圧の上昇具合は、あの日に乗って涙した富士急ドドンパのそれでした。

 

牛から人に戻り、急いでキッチンに走って開けるドア。

あの時に見た嫁の表情、キッチンの空気、それらを引っ括めた情景は、今後の自分の背中を押していくのだと強く思いました。

 

 

今、進めている中編を含め、まだまだ自分には書きたい思いが沢山あります。

必ず外に出すと決めている記憶があります。

よろしければこれからも、自分が書いたものを読んでやってください。

 

どうぞよろしくお願いします。

 

 

f:id:yoshitakaoka:20180421161846j:plain

© Copyright 2016 - 2019 想像は終わらない : 高岡ヨシ All Rights Reserved.