この土地は誰のもの?

メインストリートのコーヒーショップ

右肩に彫られたハイダのイーグル

握手をした友人はもういない

 

「弓を引く者」

彼はその名を捨てたと言った

 

トライブを抜けた者

居場所を探す者

 

私も流れてここに来た

 

「よそ者」レッテルの永住者

私はあなたの敵ではない

 

「仕事を奪い取る移民者」

私はあなたの敵ではない

 

立てた中指をしまって欲しい

私はあなたの敵ではないんだ

 

ここで産声をあげてはいないが

この国に手を添えている

 

ナショナリズムに愛国心

大きな声は人を惑わす

 

異なる色を叩かなくとも

生まれ育った国を愛せる

 

「ここは俺たちの土地だ!」

 

つまらぬ悪意を埋め込まれた日

コーヒーショップのドアを開けた

 

壁際の丸テーブル

右肩で羽ばたく赤い大鷲

 

イーグルの目に引き寄せられ

席を立ち声をかけた

 

そこに座っていたのは

ずっと前から知っている匂い

 

背の低い草と土の香り

鼻に残るがウィードではない

 

頭に広がる湿った草原

 

気のせいでも

思い込みでも構わない

 

浮かんだ景色に救われた

 

「この土地は誰のもの?」

「誰のものでもない」

「でも、あなた達のものだった」

「そんなことはない」

「あなた達が先に住んでいた」

「順番など意味はない」

 

メインストリートのコーヒーショップ

右肩に刻まれたレッドイーグル

スピリットの意味を教えてくれた

ハイダの精霊はもういない

 

生まれた場所だから住む

生まれた場所を知って住む

 

配慮ある知識は無知の連鎖を断ち

弱者が弱者を叩くシステムを絶つ

 

そんな場所に

私は住みたい

 

人類皆兄弟だとは思えない

それでも

共存できると信じている

 

コミュニティを抜けた者

名前を捨てた者

漂い流れ着いた者

 

枠から外れても息ができる

 

そういった場所で

私は生きたい

 

魂となったハイダの友人

土に帰ったその瞬間に

右肩のイーグルは羽を広げる

 

肉体を抜けた彼の精神は

狩られる恐怖から解放されて

高い空へと舞い上がる

 

f:id:yoshitakaoka:20180323103957j:plain

 

© Copyright 2016 - 2019 想像は終わらない : 高岡ヨシ All Rights Reserved.