三つのお知らせ

皆様、こんにちは。

今回は、三つのお知らせがあります。

 

まず、一つ目なのですが、Amazon Kindle ストアで電子書籍「今川焼きとナポレオン」を出版しました。

以下が、あらすじの書かれている商品ページになります。

今川焼きとナポレオン

今川焼きとナポレオン

 

本日、7月28日(土)から8月2日(木)の午後4時まで、この本の無料キャンペーンを行います。

こちらは、自分の最初の作品である「五厘クラブ」のアナザーストーリーです。お互いの作品世界は繋がっているのですが、どちらの話も個別に読めるようになっております。

ただ、どちらか片方よりも、両方の物語を読んで頂けると更に楽しめると思いますので、「五厘クラブ」の方も上記と同じ期間で無料キャンペーンを行うことにしました。

是非、この機会にダウンロードしてみて下さい。

五厘クラブ

五厘クラブ

 

こちらのキャンペーンに際して、気になっていた言い回しや、リズムが滞っていた箇所などを改めましたので、以前よりもスムーズに読んで頂けると思います。

以上が二つ目のお知らせです。

 

三つ目のお知らせなのですが、この記事を最後に、少しはてなをお休みします。

 

自分には、ずっと書こうと思っている話があります。

十代の頃から育てているプロットです。

それは、自分がものを書いている意味そのものであり、自分自身を形成する核となっているものでもあります。

こうして言葉にすると、随分大きな表現になってしまいますが、事実、自分の中ではとても大事な筋書きなのです。

ですから、表に向けてものを書き始めるようになっても、すぐにそれを書き出そうという気にはなりませんでした。大切であるが故、気持ちや環境が整うまで温めておこうと考えていました。

しかし、本当にここ最近のことなのですが、そのプロットに対する自分の思いが変わりました。

 

普通が普通ではなくなっていく世界。

 

この先、自分に何かがあって、この作品を表に出すことができなくなってしまったら、物凄く後悔します。

きっと心を失くしてしまうほど、悔しくて堪らなくなります。

 

ずっと溜めてきた感情、思い、時間、記憶。その全てをなかったことにはしたくない。

 

制服を着て過ごした学校という枠を抜けてから二十年経ちますが、自分はまだ、あの頃を消せていません。

これだけ時間が流れたのに、あの時、逃げたままの放課後が続いています。

 

ここ二週間の内に「これ以上は待たないで書こう」と、気持ちを固めるいくつかのきっかけがありました。

勝手な決めつけかもしれませんが、自分にはその出来事がサインのように思えました。

 

十月の終わりに締め切りが設定されている公募があります。

そちらに応募するため、以前から一つの長編を書いていました。自分が移住をしたカナダでの生活が中心の物語です。今の時点で七割ほど書き上げているのですが、そちらを保留にし、ずっと書こうと思っていた話をそれにぶつけることにしました。

今までの全部を、その作品に注ぎます。

結果が出ても出なくても書き続けますが、それを仕上げた時点で、一つの大きな区切りになります。二十年間続いた放課後を終わらせて、視点を変えるのです。

 

どんな形になろうとも、書き上げたものを必ず世に出します。

その時には是非、読んでやってください。

 

 

ありがとうございました。

 

f:id:yoshitakaoka:20180728155159j:plain

 

 

 

 

© Copyright 2016 - 2018 想像は終わらない : 高岡ヨシ All Rights Reserved.