その先で会おう

キャンバスで吠えるオオカミ

睨む両目に用はない

 

道を塞ぐ霧と影

 

先へ行くんだ

どいてくれ

 

取るに足らないジャパニーズ

いや違う

そんな立派なものじゃない

 

生まれた場所で生きられなかった

誇る過去など持っていない

 

袖を引く手を振り払う

幻覚の中じゃ踊らない

 

目を開けるよ

我を忘れても救われない

目を開けるよ

逃げ続けても限界がある

 

前を見ても走れなかった

祈るだけじゃダメだった

 

震えた手では時間がかかる

人一倍時間がかかる

 

それでもいい

それでもいいんだ

 

街よ

どうかゆっくり休んでくれ

私はその間に進む

 

人よ

どうか目いっぱい遊んでくれ

私はその間に進む

 

空気や時間が変わっても

歩いていれば先で繋がる

 

例え姿が見えなくても

あなたがいれば怖くはない

 

一緒に歩くと決めたんだ

その方がきっと楽しいから

 

きちんとケジメをつけるために

捨てた感情を拾ってくるよ

 

荷物が増えて重いけど

全部まとめて連れて行く

 

道は違っても構わない

もしよかったら

その先で会おう 

 

待ってなくたっていい

もしよかったら

その先で会おう

 

そこに私がいなくても

いつか必ず辿り着くから

 

f:id:yoshitakaoka:20180311184707j:plain

 

© Copyright 2016 - 2018 想像は終わらない : 高岡ヨシ All Rights Reserved.