こんな場所が欲しかった

ずっと前から

こんな場所が欲しかった

 

ただ顔を合わせるだけでは

目にする事が出来ない世界

 

挨拶を交わすだけでは

晒してはくれない世界

 

何を思い

何を考え

何を表現するのか

 

頭と心にある世界を

電波に乗せて表に出し合い

生まれた感覚を交差させる

 

ずっと前から

こんな場所が欲しかった

 

自分とは違う言葉の文章

異なる思考で描かれた作品

粒子のスクリーンに溢れる模様は

幕の下りないロードショー

 

はめるレンズが変わるから

写真を通して覗く景色も

全く別のものになる

 

それらをこの目に出来るのは

決して当たり前の事ではなく

感情をくれるキャッチボールは

掛け替えのない瞬間だ

 

幾度となくスレ違い

分かり合えずに距離が離れ

時間を掛けてはまた近づき

弱さと引き換えに理解を引き出す

 

深夜のファミレス

帰りの駅蕎麦

慣れないカクテルを流し込み

初めて内側に触れられる

 

そんなプロセスを踏まずとも

覗かせてもらえる頭の中

ただただ有難くて仕方がない

 

 

ずっと探していた場所

ずっと欲しかった場所

 

 

押入れの布団に挟んだ詩集を

ここでは隠さなくていい

 

溜め続けた小説のプロットも

理由を付けて破かなくていい

 

どうしても忘れたかった記憶も

もう そのままでいい

 

「趣味程度だ」なんて

自分を裏切らないでもいい

人生をかけて楽しんでいるんだ

嘘で誤魔化さなくていい

 

この世に生まれたものに息をさせる

胸を張って呼吸をしてもらう

 

 

もう二度と殺しはしない

 

 

出番を待つ記憶とアイデアを

もっともっと言葉にしたい

 

生きていける場所があるならば

紡いできたストーリーを外に出したい

 

 

衝動に激しくせっつかれ

体はくるっと背を向ける

 

仕事から帰って服を脱いでも

眠くならなければいいのに

 

炭水化物を口にして

ノートとペンを胸に抱き

ソファーに寄りかかる午前二時

 

一瞬閉じたつもりの瞼

ハッと気付いてこじ開けると

時空は歪んで午前六時

 

ぼんやりと浮かび 

漂うイメージ

消え去る前に紙に書き

白いブラインドをゆっくりと開ける

 

静かな歩道を照らす朝日

しばらく光に見とれていると

「缶詰を開けなさい」と猫が足を踏む

 

ピンと立ったステッキの尻尾に 

「今日は寝ない」と強く誓い

庭の楓に手を合わせる

 

f:id:yoshitakaoka:20170525152243j:plain

© Copyright 2016 - 2017 想像は終わらない : 高岡ヨシ All Rights Reserved.