赤が青に変わる瞬間

おぃ、そーた。

そーたっ! おぃっ!

こっち来てみろ。

いいからっ! とにかくこっち来いって。

 

また母ちゃんの事でからかわれたんか? 

そんじゃあ、麦茶、飲むか?

キンキンに冷えたのがあるからよ。

 

おぃ、そーた。

分かってると思うが、おめぇは何にも悪くねぇんだぞ。

あいつらがどーだこーだ言っても、本当は何にも分かっちゃいねぇんだからよ。

それに、おめぇの母ちゃんだって悪くねぇ。

心配すんな、この前の三月の時と同じで、またすぐ帰ってくっからよ。

 

なぁ、そーた。

どんな理由があってもよ、一対一でやらねぇ奴は、その時点で負けだぞ。

男としてじゃねぇ。

人間として、負けてんだ。

おめぇのこと、小突いて蹴飛ばしたあいつらは、おめぇを囲んだ時点で負けてんだよ。

本当だぞ。

どんなにやられたって、おめぇの勝ちだ。

 

でも、痛ぇよな。

うん、痛ぇ。

例え勝ったって、ぶたれりゃ、悔しいもんだ。

 

あのよ、おじさんの話をよく聞けよ、そーた。

 

おめぇをバカにした奴ら、あいつらはな、夢から醒めてねぇんだ。

おめぇ、眠ったら夢を見るだろ?

あんな感じがな、あいつらは起きても続いてんだよ。

 

ビックリしたろ? 

でも、本当だぞ。

 

あいつらはな、誰かにしっかりと守られてんだよ。

守られて、自分は大丈夫だって思うから、他の奴らをバカにして蹴飛ばすんだ。

そういった奴らはな、まだ夢の中にいる。

眠ったまま動いてんのと一緒だ。

 

そーた。

おめぇはもう、夢から醒めてんだ。

今、母ちゃんがいねぇだろ?

だから誰もおめぇを守らねぇ。

 

そーた、おめぇはな、夢の中にはいねぇんだ。

 

それはな、立派なもんだ。

あぁ。そりゃぁ、立派なもんさぁ。

五年生で夢から醒めてる奴は、そうそういねぇからな。

おじさんも今まで色んな奴を見てきたけど、大人だってそう満足にはいねぇ。

 

だからよ、そーた。

おめぇは立派なもんなんだ。

 

おぉ、おめぇ夜飯どうすんだ?

カズコおばさんのとこか?

あのよ、ここだけの話、あのババァの飯、うまくねぇだろ?

あいつ、偉そうに物言うけどよぉ、昔っから料理が下手くそなんだ。

おめぇ、笑うって事は、そう思ってんじゃねぇか!

わりー奴だなぁ!

いや、言わねぇよ! 

言わねぇって!

言ったら俺だってどやされるかんよ。

 

じゃあよ、おじさんとこでメシ食ってくか?

俺んとこ、カレーだぞ、カレー。

しかも肉は、牛肉だ。

今日は特別なんだからよ。

カズコおばさんには、俺から言っとくからよ。

まぁ、いいから、そこでランドセル洗って、内へ上がれ。

 

 

おぃ、もう食わねぇんか?

牛肉、まだ残ってんぞ?

うまくなかったか? 

少し、水っぽかったかもな?

カレーなんていつもは作んねぇからよ、勘弁してくれ。

へへ、カズコおばさんの事、バカにできねぇな。

 

なぁ、そーた。

辛ぇか?

 

おめぇが辛くて堪んなくても、不思議じゃねぇよ。

 

なぁ、夕方に話した話、まだ覚えてるか?

夢から醒めるって話だ。

あれ、続きがあるんだよ。

 

夢ってよ、夢が醒めてから見えるものなんだ。

夢、夢、言ってて、なんか分かりずれぇか。

だからよ、人の事バカにしたり、ブン殴ったりする奴は夢の中にいるって言ったろ?

そういう奴らはまだ夢が醒めてねぇから、本当の夢が見れねぇんだ。

今、言ってる夢ってのは、自分がどうしてもやりてぇって方の夢だ。

これだぁ!って嬉しくなる方のだ。

夢の中にいて夢を見ると、夢同士が喧嘩しちまうだろ?

そうなると、見れなくなっちまうんだ。

 

だからよ、そーた。

おめぇは、ちゃんと、嬉しい方の夢を見れる奴なんだよ。

痛くて辛くて悔しいだろうけどよ、おめぇはちゃんと夢を見れるんだ。

だから、おめぇは、立派なんだよ。

 

まぁよ、こんな偉そうな話をしてるけど、これは俺の話じゃねぇんだ。

これは、俺の母ちゃんから聞いた話。

おめぇの母ちゃんから聞いた事ねぇか?

俺たちの母ちゃん、まぁ、おめぇから見ると婆ちゃんな。

あの人は早くに亡くなっちまったけど、物凄い綺麗な絵を描く人でな。

 

ほら、そこの襖の絵、あれ俺の母ちゃんが描いたものだ。

 

いや、違ぇ、そっちの鬼の方じゃねぇ。

そっちは、俺が適当に描いたもんだ。

あぁ、その横の、鶴と松の方だ。

筆使いが凄ぇだろ。

松が力強くてな、鶴なんか生きてるみてぇでよ。

俺なんかの鬼とは段違いだ。

俺の鬼には、怖さがねぇ。

いくら睨みを利かせても、口がだらしなく笑っちまってっからな。

 

 

なぁ、そーた。

何で、泣くんだ?

 

夢なんか、見たくねぇか。

みんなと一緒の方がいいか。

まぁ、そうだよな。

眠ったままの方が、楽だかんな。

 

でもよ、そーた。

おめぇは、目を開けろ。

 

厳しい事を言うぞ。

 

おめぇは今、眠ったままじゃ歩けねぇ道にいるんだ。

 

誰が決めたか分からねぇ。

でもな、生きてく上で、眠ったままで歩ける道と、そうでねぇ道があるんだ。

誰が決めたか分からねぇ、それは分かんねぇけど、道は分かれている。

しょうがねぇんだ。

分かれてるもんは、分かれてんだ。

良いとか悪いとかじゃねぇ。

ただべっこにあるんだ。

 

俺はな、そーた。

俺は、まだ眠ってんだ。

 

俺は、眠ったままで歩けない道が怖くて嫌でな、目を閉じて無理に眠ったままにした。

そんな事、何年もやってたら目が開かなくなっちまったんだ。

だからな、そーた。

それ……

 

 

うん。そーだな。

おめぇの言う通りだ。

歩きたくねぇよな、そんな道。

そりゃ、そうだ。

 

………………

 

ならよ、そーた。

じゃあよ、おじさんと一緒に、その道歩くのならどうだ?

 

よし。じゃあよ、ちょっと、一緒に勝手口から出てくれ。

 

今すぐ戻るから、ここで待ってろな。

 

 

これ、これで全部。

酒とビールと焼酎。

このケースに入ってるもんで、ウチにある全部だ。

 

これな、薬みたいなもんでな。

眠ったままでいられるようになんだ。

 

そーた、悪りぃんだけど、ちょっと付き合ってくれるかな?

 

何度か一人でやろうとしたんだが、上手くいかなくてな。

今なら、おめぇの前でなら、何だか出来そうなんだ。

 

こいつらな、こいつら。

 

そーた、ちょっと危ねぇから、そこにある石の上に乗っとけ。

 

ほら、これなっ!

これもなっ!

こいつもなっ!

世話んなったなっ!

ありがとなっ!

もう、きりねぇから、ここで全部、勘弁なっ!!!

 

 

そーた、割れた破片ふまねぇように気をつけろよ。

 

なんだか、空気が酒くせぇな。

 

大きな音立てて悪いな。

ビックリしたろ?

でもな、おじさんが一番ビックリしてるよ。

あぁ、ビックリしてる。

 

全部、割っちまったな。

綺麗さっぱり。

とうとう、全部な。

 

おぃ、そーた。何、笑ってんだよ。

変な顔ったって、仕方がねぇだろ。

本当にやっちまって、たまげてるんだからよ。

 

驚いたよ、割ったのは自分なのにな。

 

 

そーた。

この破片、しっかり全部片付けておくからよ、あのよ、もしもカズコおばさんとこや、タケオおじさんとこ回んの嫌だったら、ウチに来るか?

 

別に、おめぇが良ければって話だ。

無理にじゃねぇ。

 

明日、いや、三日後。おばさんたちには、ちゃんと話しておくからよ。

もし、おめぇが嫌じゃなければ、三日後からウチに来ねぇか。

布団も、ちゃんと干しとくからよ。

 

うん? 鬼の絵?

あれか?

あんなものがいいのか?

 

いいぞ。

あんなもんでよければ、いくらでもいいぞ。

教えるってたいそうな事は出来ねぇかもしれねぇけど、一緒に書く事は問題ねぇ。

 しかし、おめぇも変わりもんだな。

あんなものがいいって言うんだからよ。

 

じゃあよ、そーた。

その日は、水少なめのカレーを用意しとくからな。

 

心配すんな。

 

今度は、きっと失敗しねぇからよ。

 

f:id:yoshitakaoka:20170502154138j:plain

(撮り溜めた桜は、いつでも満開です)

© Copyright 2016 - 2017 想像は終わらない : 高岡ヨシ All Rights Reserved.