読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言葉にしたい

頭の中

言葉にしたい

 

決まることのない3ポイントシュートと体育館の静けさを

「ひょうきん族」が始まる前のザワザワするお茶の間を

なかなか顔を見せずに勿体ぶる、給食ワインゼリーのいじらしさを

 

言葉にしたい

 

気になっていた子の視線を感じた視聴覚室の奇跡を

夜中に忍び込んだプールでしか出せない自己ベストのクロールを

誰も居ないはずの保健室から聞こえた会話を

 

言葉にしたい

 

一度しか開かれなかった誕生日会を

サビ隠しのため、赤いガムテープまみれになった自家用車を

別々に録音したギターとベースとドラムが、3台のカセットデッキを通してシンクロした、あの一瞬を
 

言葉にしたい

 

花火大会で「いくじなし」と言った彼女の溜息を

「そのレモンティー、ひと口ちょうだい」と笑った、クラスメートのキツネ目を

「あなたでよかったのかもしれない」という詩を書いた17歳を

 

言葉にしたい

 

6月の雨上がりにしか匂わない土の香りを

夜明け前の水色と、日没後の青い世界を

終電がなくなることを本気で祈った、10月の夜を

 

言葉にしたい

 

無表情という冷たさと対峙した時の動揺を

後でこっそり謝って泣いた、信じていた先輩の裏切りを

気持ちの整理がつかず、葬式の後に向かったバッテングセンターでの虚無感を

 

言葉にしたい

 

「よかったら明日も来いよ」そう誘ってくれた帰り道を

しっかりと目に焼き付けたくて、ワザと歩みを遅らせて見た仲間の背中を

頭の中が映像になった喜びを

 

言葉にしなければ

 

自分のアルバムだけ無いことを知った、押入れの暗さを

「あなただけは歩いて帰るのよ」と囁かれた駐車場のにおいを

「じゃあ、皆んなでいなくなるか」と目を見開いた父親の狼狽を

 

言葉にしなければ

 

横っ面を竹刀で張られた、あの子のひきつりを

腹をくくった2時40分を

黄色が赤に変わる瞬間を

 

言葉にしなければ

 

相手の両親の不機嫌な謝罪を

鼻っ面を折ることの虚しさを

人に巣食った悪魔の輪郭を

 

言葉にしてみたい

 

決まった時間に現れて、302号室のドアを見つめていた女性の内面を

新宿駅でゴミ箱に説教をして蹴っていた、おじさんの憤りを

イオンの屋上で泣いていた、中学生の閉塞感を

 

言葉にしよう

 

今、そして、先にある希望を

「こんなもんじゃない」という気構えを

縁に恵まれて生きてこれた人生への感謝を

 

 

絵が描けないから、言葉を綴る

踊る代わりに、言葉を綴る

「ここにいるよ」と手を振るために、今日も明日も言葉を綴る

 

f:id:yoshitakaoka:20170130184859j:plain

(散歩中に見ても、職場から見ても、いつでも滝は新しい。変わることなく「新発売」と謳うケンちゃんラーメンのように、視界に入るたび「はじめまして」なのです)

© Copyright 2016 - 2017 想像は終わらない : 高岡ヨシ All Rights Reserved.