読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「セレンディピティ」というものを体験した日

セレンディピティ……あの、一体、何のことですか? それって、TOEICの単語帳に載ってますか? 以前、書いた記事にもある通り、自分はスピリチュアリズムや精神世界の存在を信じていませんでした。 yoshitakaoka.hatenablog.com世の中にあるものは、自分の目で…

さらば、ライスクッカー No Rice No life

「炊飯器」はひとつの到達点で、「ライスクッカー」はその過程です。 訳の分からないことを書いてるように見えますが、大丈夫です。頭はしっかりしています。 炊飯器とライスクッカーは、似て非なるものです。いや、ファンシーな機能が付いてるか否かの違い…

本物の「天然」は美しく、そして恐ろしい

コメディー映画の登場人物のような振る舞いでハテナな発言を連発し、周囲を困らせるが、それ以上に和ます憎めない人。それでもって、本人にその自覚なし。 これが自分のイメージする、いわゆる「天然」な人です。 一見、漫画やスクリーン以外にはあり得ない…

ドッキリがヘタなカナダ人

自分は今までの人生で、一度だけ大掛かりなドッキリを仕掛けられた事があります。 通常のドッキリはそれ以前に幾度となくありましたが(仲間に挑発されて、追いかけて行った先の落とし穴など)、あれほど大きなものは、後にも先にもあの一度だけです。 スト…

記憶にある匂い

自分には、カナダへ移住してから新しく始めたことがいくつかあるのですが、その内の1つにファーストネーションズの歴史勉強があります。 「ファーストネーションズ」 カナダではそう呼ぶのが一般的ですが、平たく言うとカナダ先住民、つまりはインディアン…

「Southern Man」とラジオ出演

「Southern Man」 ニールヤングのアルバム「After the gold rush」の4曲目に収録されている曲です。 自分はこの曲を聴くと、マイクに大きなガラス窓、そして困った顔をした化粧の濃い女性が頭に浮かびます。 前回の記事で書いたマンツーマンの授業を受け持…

廊下の隅の秘密基地

前回の記事の続きです。 yoshitakaoka.hatenablog.com 校長のフリは続きます。 何とか授業にも慣れた頃、クマ校長から「グレード3と4の算数クラスで授業についていけない子のヘルプをしてくれないか?」と打診を受けました。 彼の話を理解するのに時間は掛…

「You can do anything you want」という無茶振り

「好きなようにしなさい」 これは以前、ボランティアで赴任していた小学校の校長の決め台詞です。 容姿がクマのような校長は、微笑みを浮かべて、どんな場面でもそう言いました。 好きなようにする、というのはある程度その分野でやっていける知識と経験があ…

ロマンティックあげるよ

「ロマンティックあげるよ」 言わずもがな、「Z」でも「GT」でもない元祖ドラゴンボール、水曜7時25分辺りの憂鬱です。 自分は子供の頃、この曲が大好きで、嫌いでした。 その理由は、きっと、当時の小学生の殆どが感じていた気持ちと同じです。 あの、楽…

カナダでの家族と、人との距離感

自分はカナダで、嫁プラス2匹の猫と一緒に暮らしています。 この地で、ほかに頼れる身寄りのない自分達からすれば、この2匹はペットではなく、文字通り「家族」の一員です。 たかが猫、でも、されど猫です。 自分と嫁は、2人とも人との距離感が上手く掴め…

「怒り」について

「怒り」について様々な角度から考えるようになったのは、カナダに来てからです。 日本にいた時は、怒りを溜め込んでいたし、外に出して表現することは出来ませんでした(その反動で家族には多大な迷惑をかけました)。 それに日本で生きていると、怒りを抱…

ヒステリック道場からの逃亡

皆さんの周りに、ヒステリックな人はいますか? 今から書くのは、ストラットフォードという街にいた頃の話です。 そこの街にある小学校に赴任し、以前の記事で書いた「幾三ハウス」に引越しをする迄の約3ヶ月間、自分は同僚の先生のうちでホームステイをし…

〈完〉 通じる英語って、なんだろう 〈 Yes I can 刈り取り期〉

第1段階、第2段階ときて、ラストとなる今回のテーマは、「心の不平等条約、解除」です。 第3段階 Yes I can 刈り取り期 〈状況〉 カナダ人が話す英語の理解度、75〜85% よほど専門的なものでなければ、突っ込んだ話も可能 カナディアンジョークの対…

知られざる、移民学校の内側 〈カナダ〉

「通じる英語って、なんだろう」の最終章を書く前に、前回の記事でチラッとかすった移民学校の話を紹介したいと思います。 カナダは移民をした後、無料で通える移民学校があります。 「移民学校」という言葉は自分が便宜上、使用しているだけで、正式には: "…

続 通じる英語って、なんだろう 〈What's マイケル 熟成期〉

通じる英語って、なんだろう? 昨日の記事の続きです。 第2段階目は、「何でもう一歩、踏み込めないんすか?」がテーマです。 第2段階 What's マイケル 熟成期 〈状況〉 カナダ人が話す英語の理解度、65〜75% 意思疎通に問題はないが、突っ込んだ話を…

通じる英語って、なんだろう 〈 This is a pen 種蒔き期〉

通じる英語って、なんだろう? カナダに移住して10年、自分はずっとこの疑問と向き合ってきました。 いや、向き合ってきたというか、嫌が応にも、向き合わざるを得ませんでした。 自分はバイリンガルではありませんし、小さい頃からインターナショナルスク…

「五厘クラブ」と、衝動について 

「五厘クラブ」 この言葉を聞いて、皆様は何を想像しますか? 自分は「五厘クラブ」というタイトルの電子書籍を、Amazon Kindleストアで販売しております。 どこの馬の骨ともわからない奴が書いている上に、訳の分からないタイトルですよね。 ですので、勝手…

カナダ人の職業ペルソナ

ペルソナ ー 仮面・社会における外面 皆様は働いている時、職業の仮面をつけますか? 自分はカナダのホテルで働いているのですが、もちろん職業ペルソナ、つけてます。 出勤時、車に乗った辺りから「よいしょ」と仮面を取り出し、最初の赤信号でバックミラー…

小学5年のジャスティン・ビーバー

今や、ワールドワイドに活躍するスターになったジャスティン・ビーバー。 彼の出身地は、オンタリオ州のストラットフォードです。 そして、自分の赴任した小学校があったのは、同じくオンタリオ州のストラットフォード。 任期を終えてしばらく経ち、久しぶり…

9割方、白人の街と、丸投げ校長の微笑み

9割方、白人の街と、丸投げ校長の微笑み 自分のカナダ生活は、オンタリオ州にあるストラットフォードという人口約3万人の小さな街からスタートしました。 スタートしました、とは言っても、この始まりの場所は自ら選んで決めたわけではなく、「現地の教育機…

© Copyright 2016 - 2017 想像は終わらない : 高岡ヨシ All Rights Reserved.