頭の中

届いて欲しいお知らせ(追記しました)

本日から来週の月曜日までの間、Amazon Kindle ストアで販売している自分の電子書籍「五厘クラブ」の無料ダウンロードキャンペーンを行います。 この作品は、自分にとって特別なもので、強い思い入れがあります。 幾つかアイデアはあったのですが、一番初め…

こんな場所が欲しかった

ずっと前から こんな場所が欲しかった ただ顔を合わせるだけでは 目にする事が出来ない世界 挨拶を交わすだけでは 晒してはくれない世界 何を思い 何を考え 何を表現するのか 頭と心にある世界を 電波に乗せて表に出し合い 生まれた感覚を交差させる ずっと…

取っ払う

枠には入れなかった 入らなかったのではない 入れなかったのだ はじき出されて 何を想う 普通を横目に 何を想う 付いたレッテルはどうでもいい それが意味をなさない事は ここまで生きて身に染みた 付けられたレッテルも気にしない そんなものは 他人にひと…

電子書籍を出しました

AmazonのKindleストアで電子書籍を出しました。 タイトルは「私が私をやめたなら」です。 このブログで発表した作品に加筆をして、内容をまとめ直したものが中心になっております。 生まれただけでは息を吸えない。 読んでもらえて初めて呼吸が出来る。 どん…

高橋名人チルドレンよ、永遠に

高橋名人チルドレンよ、なぜ呼び出してくれなかったのだ? 私のツーコンのマイクは、常にオンにしておくと言ったのに まぁ、いい こうしてまた顔を見せてくれたんだ 細かい事は言いっこなしだ さぁ、早いとこファミコンのコントローラーを握ってくれ 高橋名…

行き場のない感情は、どこへ流せばいいのだろう

皆さんには学校や職場、もしくは住んでいる街などに自分1人になれる場所がありますか? 自分は、あります。 というか、新しい所へ行くと、まずその候補地を探します。 小さな神社の拝殿裏 人気のないデパートの屋上 決まった駅の階段下ベンチ 誰も使ってい…

「もしも」の世界は、パラレルワールド

パラレルワールド。 今いる世界と並行して存在する、もうひとつの世界。 皆さんは「if もしも」というテレビドラマを覚えていますか? 1話完結の物語の中で分岐点があり、それぞれ選んだ選択によって結末が変わるお話です。 随分、昔に放送されたものなので…

ハッシュタグ「人間を出せ」

前回の記事の続きです。 yoshitakaoka.hatenablog.com ハッシュタグ「人間を出せ」の世界。 これ、個人的に十分あり得る未来だと思います。 自分が例えに出した2037年、今から20年後の世界なんですけど、現在の進化のスピードを考えたら、きっと想像以…

ようこそ、ホテル「近未来」へ

「未来」と言っても、何百年も先の話ではなく、何十年先の「近未来」。 例えば、今から20年先の2037年。 地球がどうなっているとかいう話はひとまず置いておいて、一部分にクローズアップ。 映し出すのはホテル。 自分が以前、働いていた場所の20年…

どうか、仮面は付けたままで

プライベートとパブリックの境界線 決して、うやむやにしてはいけない大事なライン 仮面を付けて社会を生きる 作り込んだソトヅラは、出会う人への思いやりだ お外は、あなたの家ではない だから、どうか仮面を外さないで 毎日みんなが、それぞれの場所で、…

高橋名人チルドレンよ、立ち上がる時がきた

高橋名人チルドレンに告ぐ 時は来た "The time has come" だ 同じことを2回続けて伝えなくてはならない程、とっくに機は熟している 2016年も、もうあと僅か これ以上、待っていてはダメだ 君達はロストジェネレーションを生きてきたのではない アナログ…

© Copyright 2016 - 2018 想像は終わらない : 高岡ヨシ All Rights Reserved.