創作

ギャンブルって言うんだろ?

「本当に、セキネだったんだね」 「何度も確認したけど、昨日も一昨日も、間違いなくセキネだった」 「セキネ、どんな様子だった?」 「柵に手をかけて、ずっと街の方を見てたよ」 「そこ、将棋会館のビルだったんだよね?」 「そうだよ」 「セキネって、将…

透明な子

夜を照らす境内の提灯に、ラムネの瓶の中で踊るビー玉。 台風が過ぎた後に梅雨が明け、街頭に浴衣姿の人影を見かける頃になると、毎年、忘れられない記憶が蘇る。 近所の神社で催される盆踊りに初めて参加したあの夏、私は小学三年生だった。 その年、出来れ…

絶対に、振り返っちゃダメだよ

*** 「おい、ここ、誰んちよ?」 「私のお婆ちゃんち」 「誰か住んでんの?」 「ううん。結構前に亡くなってから、それっきり」 「へー。何でここ売らなかったんだよ。こんな場所でも、ちったぁ金になっただろ」 「どうしてもここは、手を付けたくなかっ…

自分のケツは、自分で拭きます 〈高岡ヨシ + 大関いずみ〉

「おーい、君ぃー! 聞こえるかー? そんなとこで、何してるんだー?」 「あっ! お勤めごくろうさまです! あのー! わざわざ来てもらって悪いんですが、間に合ってまーす!」 「いやー、えっ? 間に合ってるって、何だろうなー? とにかくさー、そこ危ない…

「七日後」の秘密 (高岡ヨシ + 大関いずみ)

「急に呼び出してごめん」 「うん。いいけど、誰もいないよね」 「誰もって?」 「ヤマカワさんとか」 「大丈夫。いない、いない」 「本当に? 倉庫なんかに呼び出すから、構えちゃったよ」 「ごめんね」 「いいよ、いいよ。それよりさ、月曜どうだった? や…

ラジオネーム・放課後のジェットリー 

「さっきの電話、意味わかんねぇよ。一応買ってきたけど、何でケーキが必要なの?」 「話した通りだよ。大切なイベントだから、非日常アイテムが必要なんだよ」 「それで、何でケーキなの? お前、甘いもの食えないじゃん」 「いいんだよ、なんだって。雰囲…

© Copyright 2016 - 2018 想像は終わらない : 高岡ヨシ All Rights Reserved.