瞬間をください

何色でもいい

見た目はそれほど重要じゃない

 

変な服を着たっていいよ

君がそれを好きならばね

 

待ち合わせは駅の前

 

遅刻した埋め合わせは

ハーゲンダッツでいいかな?

 

髪切った?

え、切ってない?

 

ごめん

ごめん

 

セットが面倒なら

思い切って短くしちゃえば?

別に金髪にしたって驚かないよ

似合っても似合わなくても

君が好きならそれでいい

 

バスに乗ろうよ

たまにはいいじゃない

 

友達の話とか

無理にしなくてもいいよ

人付き合いが苦手なのは

僕も同じだから

 

ねぇ

猫ってさ

夜明け前に2回鳴くよね?

ずっと考えていたんだけど

あれはきっと

彼らの「おやすみ」なんだよ

 

1回目は僕に言って

2回目は自分に言ってる

 

本当のところは分からないけど

そう考えてから

夜更かしの回数は減ったんだ

 

ねぇ

いま全く聞いてなかったでしょ?

視線が宙を舞ってたよ

 

例えそうでも構わない

君と居られるならそれでいい

 

くだらない話の埋め合わせは

フラペチーノでいいかな?

 

あのさ

遠足の前の日って

何を思った?

 

楽しみだった?

それとも嫌だった?

 

僕は

正直怖かった

 

何もない毎日だったから

めいっぱい期待して怖かった

 

特別が終わった後の日常は

色が更に薄くなるでしょ?

 

それがとにかく怖くてね

 

「期待」ってさ

何で恐れを連れてくるんだろうね

 

執着が出るから?

終わりが見えるから?

 

今だってそうだ

 

変わらず勝手に期待して

懲りずにひとりで怖くなってる

 

ちょっと待って

 

急で悪いけど

次で降りよう

 

うん

分かってる

 

この場所は

あんまり好きじゃないんだよね

 

僕だって同じだよ

でも

ここで話がしたいんだ

 

 

この場所も建物が増えたね

 

ほら

あそこのコンビニ

覚えてる?

ずっと前は酒屋でさ

あの裏に

雑木林があったでしょ

 

雑草を掻き分けて右に曲がると

大きな石が横たわっていた

いや

お墓じゃないよ

ただの大きな石

でも

何か変でね

たまたま置かれているようには見えなかった

 

大丈夫

怖い話じゃないよ

 

とても不思議だった

何故だか気になって

暇があれば足を運んで

ずっとその石を眺めてた

 

あの石

何処に行っちゃたんだろうね

誰もワケを知らない石

あれは一体

何だったんだろう

 

 

生活にあった不思議って

どんどん無くなっていくよね

 

よく分からない穴だとか

空き家に灯る明かりだとか

あんなに存在感があったのに

手品みたいに一瞬で無くなる

 

きっと

衣替えする街と同じで

順番に布をかけられて

綺麗さっぱり消えていくんだ

 

そうやって

嫌な思い出も

消せたらいいのにね

 

 

帰れなかった校庭で

君は何を見ていた?

 

帰れなかった校庭で

僕は瞬間を見ていた

 

続くものが嫌だから

瞬間だけを見つめていた

 

ずっと考えていたんだけど

過去を許すのって

起きた事を許すって意味じゃないんじゃないかな

 

受け入れるのは

痛さや怒りを飲み込んだ自分

迎えに行くのは

置いてけぼりで放ってた感情

 

もちろん簡単なことじゃない

 

一緒に生きてきた思いは

体の一部になってるからね

 

この街が嫌いでしょ?

ここで過ごした記憶も

好きになれないもんね

 

 

あのさ

これ

 

包装紙は破っていいから

中身を見てくれないか?

 

前に言ってたサイズは

確か8号だったよね

 

希望に添えたか分からないけど

広告の裏に描いてたデザインに

何とか近づけてみたよ

 

 

差し引きゼロにしたいんだ

欲を言うなら少しプラス

 

記憶も

この街も

 

「嫌い」に「好き」を足して

よく混ぜてから引き算して

最終的に

ちょっと「好き」が残る

 

そうしたいんだ

 

これは君のためと

本当言うと

僕のためでもある

 

 

瞬間をください

 

永遠の約束なんていらないから

 

瞬間をください

 

僕がその中に永遠をみるから

 

決して終わることのない

 

瞬間をください

 

 

ちょっと待って

 

いま来るバスに乗ろう

 

ごめん

ごめん

 

急なのは分かってる

でも

とりあえず行こう

 

もうすぐ7時になってしまう

 

チンタラしていた僕が悪いんだけど

君が大好きで仕方がない

ビーフシチューがのってるオムライスの店

もう予約してあるんだ

 

さっきの質問の答えは

そこで聞いてもいいかな?

 

それまでに

僕の期待は消しておくから

 

続きを思って怖くなる

無駄な期待は消しておくから

 

f:id:yoshitakaoka:20171028042521j:plain

夏をやってない

ハッとして目を覚まし

通りに近い窓を開ける

 

緑を覆う色あせた枯れ葉 

喉に飛び込む息は冷たい

 

薄く横に伸びる雲

縦に登れず空を這う

 

確かにここにあった夏

それなのに

僕は夏をやってない

 

バケツに飛び込む手持ち花火

生み出す音が夜を鎮める

 

咲き終わりに残る白いライン

暗闇に写す向日葵の花びら

 

もう 

何年見ていない?

 

市営プールの帰り道

夕焼けに交わる塩素の匂い

 

天に浮かんだ五色の曼荼羅

オレンジの雲は何にでも化ける

 

灰色へと続く通学路

遠くに見える工場の煙

 

もう

何年帰っていない?

 

特別が日常になり

御馳走への距離が縮まる

 

不便や貧困を崇めない

でも

スイカに種があったっていい

 

僕は夏をやっていた

 

一人でいても

家に帰らなくても

 

僕は夏をやっていた

 

夜明け前に飛び出す国道

車の列をやり過ごし

瞬間を逃さずシャッターを押す

 

大した写真は撮れてない

それでも

そこには夏があった

 

制服を着替えて家を出る

目指す先はデパートの屋上

 

夕陽に幕が下りたなら

蛍光灯がその目を覚ます

 

出っ張ったコンクリに足をかけ

ビルを使って描く地図

 

あんなに頭を乱されて

あんなに体を取られた街が

小さくなってひかり輝く

 

現状は何にも変わらない

それでも

そこには夏があった

 

僕は座ってた

 

拝殿の裏に

高架下の隅に

 

僕は見つめてた

 

底に沈む金魚を

干からびたカマキリを

 

扇風機に押されて歌う風鈴

宙に響く祭りの太鼓

 

確かにそこにあった夏

 

収まらない感情の避難所 

それが僕の夏だった

 

ネクタイを締めて夏が消えた

お金と引き換えに夏が消えた

 

いや

 

そんなことはない

 

僕が夏を消した

 

言い訳ばっかり口にして

 

僕が夏を消した

 

***

 

休みを取った

 

ドリンクホルダーに炭酸を入れ

アスファルトを三時間踏んだ

 

土砂降りの後に赤が出て

黄色と混ざって青黒になった

 

寄り道をして超えた坂

ひらけた先に夏があった

 

気温五度の温水プール

十二年間を肌で取り込む

 

大好きな逆立ちをした

誰もいないのをいいことに

気の済むまで逆立ちをした

 

耳に水が流れ込み

感覚が狂って夏になった

 

もう若くはない

 

何が必要で

何が不要か

 

心が求めてるものしか欲しくない

 

人目を気にして震える代わりに

夏を残して奥に潜ろう

 

比べて鼻を伸ばす代わりに

残した夏で想いを繋ごう

 

進んで行きたい道がある

余計なものはもういらない

 

取捨選択して始める引き算

 

執着ばかりで埋まった容量

腰を下ろして紙に書き出す

どれだけ記憶を削っても

戻った夏は二度と消さない

 

f:id:yoshitakaoka:20171020135246j:plain

「生きづらさ」というクソッタレ

難しい表現はいらない

簡単な言葉で伝えてくれ

 

物言わぬ羊の飼育法

それが道徳の正体か?

 

出来る限りはやってきた

疑問を持たずにやってきた

 

モラルが楽園を作るんだろ?

じゃあ

何でこんなに生きづらいんだ

 

いじめに対して声を上げ

標的にされたら世話がない

 

記憶に彫られた墨が消えずに

誰かの言葉に反応する

 

手のひら返しがチラついて

真正面から人を見れない

 

善人

悪人

善人

悪人

 

人様の背中にシールを貼り

目線の動きを確認する

 

バカみたいに勘ぐって

バカみたいに夜を明かす

 

ひねくれた考え

歪んだビジョン

どうしようもないと言われても

望んで選んだ訳じゃない

 

進化の早いメトロポリタン

過去に構ってはいられない

 

若気の至りという魔法

人の親になり時効成立

 

よくある話なのは分かってる

でも

そんな世の中クソ食らえだ

 

「気付いた人がやりましょう」

植えつけられた暗黙のルール

黙ってなぞって生きてたら

他人のケツばかりを拭いていた

 

街に転がる無関心

見過ごせないのは良心か弱さか

能面を付けて顔を消しても

夜中に懺悔が背中をつつく

 

葛藤に名前が付けられて

施される無機質な錠剤

直径6ミリのクリアホワイト

それが世界を救うのか?

 

ブランディング

階級付け

幸福のサンプル

 

同格上で追い求める

勝ち負けの境界線

 

もういいんだ

 

幸せのテンプレートはいらない

 

明るい家族に尊敬と絆

 

もういいんだ

 

勝手に形を決めないでくれ

 

十人十色の四角い社会

枠に外れてどこへ行く?

 

交われなくても構わない

ただ

収まれなくても終わりじゃない

 

正しい知識

綺麗な身体

適切な関係

楽天的思考

 

それが理想なのは分かってる

でも

そんな世の中クソ食らえだ

 

誰かが誰かを監視して

目隠ししたまま「違い」を正す

 

受け継がれてきたお家芸

今日も集団が個体を叩く

 

姿を見せないスリーピーホロウ

顔を出さなきゃ無敵のままだ

 

暴言

嘲笑

難癖

詭弁

 

電波を使った鬱憤晴らし

今夜もぐっすり眠れそうかい?

 

感情を潰す匿名社会

よくある話なのは分かってる

でも

そんな世の中クソ食らえだ

 

まかれた餌は恐怖心

ブレットが生み出す猜疑心

広がる憂いの包囲網

出来すぎたドラマの完成だ

 

画面越しの審判者

「戦争 戦争」と威勢がいいな

こんなに風が吹いてたら

さぞかし炎は燃えるだろうな

熱は思いを吸い寄せる

でも

あなたは暴力を知っているのか?

無情な痛みと消えない怖さ

本当に知ってて言っているのか?

 

派手に揺れてたなびく焔

遠くからでもしっかり見える

恐れを潰して距離を詰めると

そこから熱さは感じない

震える両手で真紅に触れても

左右の指はただれない

そりゃそうだ

一歩下がって見て欲しい

そこにあるのは幻だ

 

鳴りやまないアジテーション

首を絞めるレギュレーション

生きづらさというクソッタレ

蜘蛛の糸は垂れない

 

静かに漂う閉塞感

空気を求めて底を彷徨う

 

酒を浴びるか

ギャンブルに溺れるか

セックスに耽るか

ウィードを巻くか

 

どれにも興味が持てないから

とにかくもがいて生きていくよ

 

追いかけ続けた黄金郷

そんなものは見当たらない

弱さを売って探したメシア

どうやら存在しないらしい

 

ならば選択の余地は無い

どうにか足を動かすだけだ

 

生きづらさが街を埋めても

歩く先は光の方

クソッタレが空を埋めても

もう暗闇へは戻らない

 

f:id:yoshitakaoka:20171006170613j:plain

友への伝言

思えば不思議な関係だった

普段は口もきかなかった

 

チャイムの合図で狩られる時間

終わりは意味を成さなかった

 

暗い階段の途中に射す光

窓から覗く中庭に射す光

 

同じ校内で息をしても

そこに楽園はなかった

 

お前はいつも下を向いて

指のささくれを取ってた

 

俺はいつでも下を向いて

ただれた皮膚を摩ってた

 

適当に生み出し与えられた

滑稽で汚れたニックネーム

俺たちは3年契約のピエロ

特徴なんていらなかった

 

「どうだった?」

「今日はマシだった」

 

「どうだった?」

「今日はヒドかった」

 

僅かに重なる出入りの瞬間

俺たちは中庭を見ていた

 

魂と引き換えに学期を買って

春夏秋冬を過ごした

 

流れる風景と留まる想い

俺はお前を救えなかった

 

裂ける傷口と閉じる瞳

俺は俺をも救えなかった

 

消えずに浮かぶ

放課後のパレット

 

お前もその色を見ているか?

今でもその色を見ているか?

 

俺たちはみんな犯罪者

自分殺しの常習者

 

腫れた悪意を壁に投げつけ

弾けた黒をその身に浴びた

 

俺たちはみんな犯罪者

自分殺しの常習者

 

囲った怒りに飯を食わせて

その身を喰われた敗北者

 

仕舞い忘れた激情は

心の残骸と化したか?

 

重ねた年と巡った記憶に

背中を潰されてはいないか?

 

残像

残像

残像

 

大丈夫

ただの幻だ

 

迷走

迷走

迷走

 

大丈夫

どれも正解だ

 

ハローCQ

応答せよ

 

これは友への伝言だ

 

ハローCQ

応答せよ

 

今夜も上手く眠れないか?

 

長かった夜は無駄じゃない

空白の期間も無駄じゃない

生きづらさの迂回路は

自己確立への近道だ

狂った物差しとビジョンは

天から授かったギフトだ

 

時効を持たないコールドケース

犯人探しはもうやめよう

 

悪いのは傍観者でも

色褪せた無関心でもなく

ましてや弱い心でもない

 

どんなに影が迫っても

手を下すのは俺たちじゃない

トリガーを引いて幕を閉じる

そんな覚悟は崇めない

 

芸術とか文学とかどうでもいい

名前は後から付ければいい

俺たちが出すのは感情だ

ひっついて離れない映像だ

 

飛びたくなければ

飛ばなくていい

黙っていたいなら

話さなくてもいい

 

俺が言葉を綴るから

文字で気持ちを報うから

 

ハローCQ

応答せよ

 

これは友への伝言だ

 

ハローCQ

応答せよ

 

お楽しみはこれからだ

 

f:id:yoshitakaoka:20170922043807j:plain

ちょっと待ってくれないか (『私が私をやめたなら』収録作品)

自分はAmazonのKindleストアで「私が私をやめたなら」という電子書籍を販売しております。 

私が私をやめたなら

私が私をやめたなら

 

 

頭の中にある想いを書き出す方法として、詩と小説、どちらも好きなのですが、その時に込めたい感情によって心がしっくりくる方を選んでいます。

 

「私が私をやめたなら」は、自分が詩という形で表したかった想いの集合体です。

 今回は、その内の1篇を紹介したいと思います。

 

***

 

 

「ちょっと待ってくれないか」

 

あの ちょっと待って

そのままの姿勢でいいから

少しの間 話を聞いてくれないか?

 

理由なんか尋ねないよ

此の期に及んだらどうもこうもないよね

 

ねぇ フォールイン・ラヴって曲を知ってる?

ハミルトン ジョーフランク&レイノルズっていう

長い名前のバンドが歌っていてさ

本当にいいメロディーなんだ

 

じゃあトッドラングレンは?

いや違うんだ 

音楽の話をしたいわけじゃなくて 

きっと君の知らない曲がまだたくさんあると思って

 

だから

もったいないよ

 

まだまだ一杯あるんだ

ポップやロックだけじゃない 

ヒップホップも

レゲエも

ファンクも

テクノも

何曲か君に聞かせたいお薦めがあるんだ

 

待って 

ちょっと待って

 

じゃあさ 

デートとか興味ない?

ほら ベタだけど遊園地とか行ってさ

白とオレンジのカップに入った炭酸を飲むんだ

普段は手に取らないキーホルダーなんか買ったりしてさ

 

別に今の話なんかしていないよ

いつかきっとあるから

まだ制服着ているなら学生だろ?

これからいくらだってあるさ

先は誰にも分からない

 

今は友達がいなくても 

いつかきっと現れるよ

だからまだ学生だろ?

その世界が全てじゃないよ

これからいくらでもチャンスはあるさ

生まれてからまだ少ししか経っていないじゃないか

全然 完成じゃないよ

今の脳みそで考え付かない未来がちゃんとあるから

 

分かった! 

分かったからちょっと待ってくれないか!

 

「オンフルール」って言葉 

何だと思う?

フランスにある港町の名前なんだけど

もちろん行ったことなんかないよ

でも そのタイトルが付いた美しい絵があるんだ

もう凄いんだよ

長方形のキャンバスに夜の街が広がってさ

中央に大きな満月 

手前に水面

左側にはメリーゴーランドが光っている

説明だけじゃ伝わらないでしょ?

 

だったら君の目で見てみようよ

 

その絵を描いた人の世界は 

どれも暖かみに溢れているから

 

ねぇ 

もう少しだけ 

背中を柵に近づけてよ

 

映画は好き?

今度「ニューシネマパラダイス」を貸すね

君に見て欲しいんだ

つまらなかったら それはそれでいい

ただ君の心を動かす作品は他に必ずあるよ

 

じゃあ それが見つかるまで 

生きてみるってのはどうかな?

 

邦画だけじゃない

有名なヤツじゃなくても面白いものは山ほどある

迷惑じゃなければ一緒にツタヤに行こう

ネットでも選べるけど 

こういうのは実際に見て探した方が楽しいから

 

とりあえず こっち向かない?

マリオンクレープ奢るからさ

定番はチョコバナナだけど苺クリームも美味しいよ

アップルスペシャルは食べたことないでしょ?

アイスも入った豪華版

それも奢ってあげるから 

ねぇ お願いだから振り向いて

 

あのさ

実は俺 踊るんだ

一人でこっそりだけどね

何とかステップも踏めるよ

練習したら案外出来るものさ

誰にも見せなくていいからさ

こっそりやってみない?

君が踊るなんて話 絶対どこでもしないから

 

まだまだあるんだ 

君の知らないこと

一通りやってからでも

遅くはないんじゃないかな?

 

生きる場所は一箇所だけじゃない

どこでだって生活できる

文化の全く異なる世界も 

思っているほど悪くないから

 

あのね 

今はこうして俺が話をしているけど

君に声をかけるのは 

俺一人じゃないよ

 

俺があの時 肩を叩かれたように

色々なタイプの人が

色々な方法で君に声をかける

そんなこと有り得ないって決めつけないで

先は誰にも分からないから

 

とにかくさ 

今からコメダ珈琲いかない?

この時間だったら まだモーニング頼めるよ

俺がご馳走するからさ

焼きたてのトーストに手作りたまごペーストを塗ると

クセになるんだ

 

クセになろうよ

もっと もっと たくさんのことを 

クセになろう

 

先は必ずある

 

ねぇ お願いだから 

柵を越えてこっちに来て

 

甘くて美味しいシロノワールも付けると約束するからさ

 

f:id:yoshitakaoka:20170915212536j:plain

心の歌

目隠しされても笑って歩く

俺の視界を奪っても

本質だけは奪えない

 

触れられない

いや

触れさせない

 

いくらでも笑え

いくらでも指をさせ

頭の数だけ増やしても

お前の戯言は響かない

 

上だろうが下だろうが構わない

俺はとにかく進んでいく

 

昼が嫌なら夜を待て

光が嫌なら目を瞑れ

 

同じ場所を目指さなくていい

道から無理に外れなくてもいい

 

どうしようもない環境の中で

不良にも犯罪者にもならずに生きてきた

「普通」に馴染めない毎日を

どうにかこうにか乗り越えてきた

 

こんなもんじゃない

俺が辿り着きたい場所は

今の景色で終わりじゃない

 

あんただってそうだろ?

思い描いている舞台は

まだまだこんなもんじゃないだろ?

 

誰かと誰かの悪意を並べて

群れて固まるのが望みじゃないだろ?

 

もっと奥へいこう

同調が届かないずっと底まで

イメージを超えて潜っていこう

 

生まれてきた訳を知りたい

煩悩に苛まれる理由を見つけたい

被った過去に意味を見出だしたい

 

俺は飲まない

俺は吸わない

俺は打たない

 

一時的に満たされるだけの魔法はいらない

とめどなく溢れる感情を溶かす代わりに

こうしてペンを握っているんだ

 

あんただってそうだろ?

だから胸の内を書いてるんだろう?

 

心地よい水に浸からなくても

迫る思いを解放できる

 

誰かを攻撃しなくても

壊したい欲求は空に戻せる

 

魂が主張を続ける限り

これからも文字を綴っていこう

 

もう会うことはないあんた

スッと消えてしまったあんた

色々あったけど

命をくれてありがとう

 

ずっと一緒にいたあんた

なかなか会えなくなったあんた

救ってくれてありがとう

 

そして

電波の箱で出会ったあんた

感性を覗かせてくれたあんた

こうやって繋がったんだ

いつの日か

面と向かって会えたらいいな

 

f:id:yoshitakaoka:20170826152031j:plain

深海にあるもの

上へ登った

違う景色が見たかったから

いつもとは違う選択をした

 

服が変わり

立場が変わり

呼び名が変わった

 

笑顔の挨拶

穏やかな声

湯気が出ているコーヒー

 

窓から差し込む光は眩しい

でも

この部屋は息をしていない

 

能力と肩書きは比例しない

ここに来てそれを痛感した

 

時計が9時を指し

合図と共に曲がかかる

 

女王蜂に裸の王様

 

踊る僕らは蜜を運び

彼らはそれを平らげる

 

実力なんて関係ない

 

目立たぬように静かに踊り

流れにまかせて取り入るだけ

 

目尻に刻むシワの数は

浮かぶか沈むかの生命線

 

笑って

笑って

笑って

 

この船に残りたいのなら

目を細めて口角を上げればいい

 

差し出すか?

差し出さないか?

 

手招きをする数を増やし

目を閉じた従者が選択を迫る

 

暑くも寒くもない部屋

委ねた先に待つものは

憂いを忘れた理想郷か

 

例えそうだとしても

 

僕は捨てない

 

何かを得るために

何かを捨てはしない

 

全部まとめて取りに行く

その為にここへ来たんだ

 

日が昇っているその間

僕は透明な水になろう

 

青黒い幕が覆った後は

夜に溶け出して海に戻ろう

 

深く

より深く

 

止めた息が続く限り

ひたすら奥へと潜っていく

 

現実を断ち

時間を断ち

しがらみを絶って

内側を潜る

 

暗くて

苦しい

 

それでも構わずに進んでいく

 

時々顔を洗って眠気を覚まし

バタバタしながら意識を潜る

 

そこにあるんだ

 

もう一歩を越えた先

熱くて冷たい線の向こうに

 

心を揺さぶる宝の山が

 

f:id:yoshitakaoka:20170729172320j:plain

© Copyright 2016 - 2018 想像は終わらない : 高岡ヨシ All Rights Reserved.